最新お役立ち情報や体験談が盛りだくさん

1日1食の生活習慣を続けたら10kgほどのダイエットに成功

数年ほど前に、私は10kgぐらいのダイエットに成功した事があります。

ただ期間は比較的長く、1年ぐらいは続けていました。

方法は非常にシンプルで、とにかく食べる回数を減らすよう心がけていました。

 

食べない心がけていれば自然とアテロームが減る

 

ある時から、私は健康に興味を抱くようになりました。

やはり健康であるに越した事はないでしょう。

 

私の仕事は体力勝負な一面もありますし、不健康な状態になってしまうのは困ります。

ある日、私は動画サイトを見ていたところ、やや興味深い動画を見つけました。

 

とにかく食べないよう心がけてみると、自然と血液がきれいになっていく話が紹介されていたのです。

その動画をアップしていた方は、一部の方々の間では比較的有名です。

 

普段から健康に関する動画をアップしている方で、話し方も比較的面白い人物だったのを覚えています。

 

私が注目したのは、血管の中にあるアテロームという物が減るという理屈でした。

血管の中には、老廃物が混ざっている事があります。

 

血中コレステロールもその1つですが、老廃物が血液の中に溜まっているのは、もちろん良くありません。

 

動画では、そのアテロームを減らす方法が取り上げられていました。

どうすれば良いかというと、とにかく食べない事です。

 

食べないよう心がけていると、血液の中にある細胞も飢餓状態になります。

とてもお腹が空いている状態の細胞は、何とかして栄養分を補うよう色々な手を尽くす訳です。

 

その際、血液の中にあるアテロームに注目する訳です。

お腹が空いている細胞は、栄養分を取り入れる為にアテロームを捕食する訳です。

 

飢餓状態になっている時の、やむを得ない措置なのです。

という事は、何も食べないよう心がけていれば、自然とアテロームも減っていきます。

 

アテロームは血圧を高めてしまいますし、ダイエットも妨げてしまいますから、減らす方が良いのは間違いありません。



1日1食の話に興味を抱いた

 

私はその話に大変興味を持ったので、その動画をアップしている人物の書籍を読んでみました。

すると、また興味深い話が取り上げられていたのです。

 

1日1食だけで問題ないという話です。

 

最初の内は、私も半信半疑でした。

1食しか食べないようでは、健康を害してしまうのではないかと心配でした。

 

ですがそれ以上に、私は健康に関心がありましたし、痩せる事ができれば良いと思っていたのです。

というのも数年ほど前に、親戚に肥満を指摘されてしまったことがあります。

 

だいぶ太ったという一言を聞いたので、何とかして痩せてみせると気持ちが燃え上がった事があります。

 

悔しい思いをしていると、自然とモチベーションも高まりますね。

半信半疑な気持ちはあるものの、私はその本で紹介されていた方法を試すことにしました。

 

幸いにも、1日1食というダイエット方法は非常にシンプルです。

そもそも、以前から私は「皆、食べ過ぎではないか」と内心考えていました。

 

テレビ番組などでは、たまに1日2食でも十分という話も取り上げられていますし、一度は試してみたいと思っていました。

 

1日1食は大変だったのか

 

1日1食という方法は、ハードルはそこまで高くありませんでした。

もともと、私はあまり食べる方ではありません。

 

上記の書籍を読むまでは、一応は1日3食ぐらい食べるようにしていましたが、たまに朝食を食べない事もあります。

 

それでも特に問題なかったので、1日1食にしたところで、健康を大きく害する事はないと思っていました。

想像していたよりは、楽でしたね。

 

その1日1食という食生活を続けてみたら、体がだんだん軽くなってきました。

やはり今までの1日3食という生活スタイルは、ちょっと食べ過ぎだったようです。

 

それと、気持ちも爽やかになりました。

1日1食と聞くと、気分が悪くなってしまうのではないかと思うかもしれませんが、むしろ逆です。

 

なぜ気持ちが爽やかになったかというと、やはりアテロームでしょう。

血液の中にある余分な物が外に出てくれたおかげで、健やかな気持ちになったのだと考えます。

 

実際、体を動かすのも楽になりました。



1日1食を続けたら10kgぐらい減った

 

その方法を1年ぐらい続けてみたら、体重はだいぶ変わりました。

1日1食ダイエットを始める前までは、体重は75kg前後だったのですね。

 

ところが、1年後には65kgになっていたのは少々驚きました。

 

理由はシンプルです。

そもそも体の中で脂肪を作るにしても、材料が必要でしょう。

 

肝心の材料がなければ、脂肪を作る事もできません。

体の中の脂肪の量が減ったので、10kgぐらい痩せたのだと推理します。

 

それに加えて、だいぶ体調も健やかになりました。

少なくとも体は軽やかになりましたし、とても動きやすくなった事だけは間違いありません。

 

やはりアテロームや脂肪分が減りますと、随分と動きやすくなりますね。

ちなみに私が読んだ書籍には、そのダイエットを楽しむのが第一だと書かれていました。

 

苦しんでしまうと、ダイエットが続きづらくなってしまうからです。

私も楽しむよう心がけてみましたが、良い結果になって良かったです。