最新お役立ち情報や体験談が盛りだくさん

PayPay(ペイペイ)は還元率が高い|PayPayのメリットデメリット

今話題のPayPay(ペイペイ)決済を使ってみた

 

多くのお店では、買い物する時に現金で支払う事はできます。

その反面、最近はPayPayで決済している方も増えてきました。

 

私もその1人ですが、実際PayPayは確かに便利です。

 

慣れるまでは、少々手間がかかると思いましたが、慣れれば便利な決済アプリである事は間違いありません。

 



PayPay(ペイペイ)の還元率の高さ

 

PayPayを使い始めたきっかけは、還元率です。

PayPayでお金を支払えば、残高に反映されるようになっています。

 

いわゆるボーナスを受け取れる仕組みになっていて、ある意味ポイントカードに似ている一面もあるのです。

 

多くのお店には、ポイントカードがあるでしょう。

買い物する時にカードを渡せば、お店独自のポイントを受け取ることができます。

 

お店によっては、カードでなくアプリになっている事もあります。

PayPayで買い物した時も、そのポイントのようなものが発生するのです。

 

実際に使ってみて、そのポイントを受け取れるメリットは大きいと感じました。

 

実はポイントを受け取れる決済アプリは、他社にもあります。

 

しかし他社と比べると、PayPayの方が多くのポイントを受け取れる事も多かったですね。

要するに、他の決済アプリよりもお得なのです。

 

受け取れるボーナスは、多いに越した事はないでしょう。

他社よりも還元率が高い事もあり、私は今でも頻繁にPayPayを使っています。

 

PayPay(ペイペイ)は幅広い店舗で利用できる

 

それと、使えるお店が比較的幅広いと思いました。

上記でも少し触れた通り、他社も決済アプリは提供しているのです。

 

実際、私も複数の決済アプリを併用しています。

キャンペーンが行われている時は、PayPayよりも他社の方が還元率がお得な事もあります。

 

しかしPayPayの場合は、幅広いお店で使う事ができます。

そもそも他社の決済アプリですと、使えるお店が限られている事があるのです。

 

現にある決済アプリの場合は、使えるお店はコンビニぐらいになります。

使用できるお店が限られてしまうのは、少々不便ですね。

 

ところがPayPayの場合は、実に多彩なお店で使えるのです。

具体的にどのお店で使えるかは、アプリの地図画面で確認できるようになっています。

 

現に、私も近所にあるお店でPayPayを使えるかどうか、たまに確認しています。

他社と比較してみると分かりますが、明らかにPayPayの方が使えるお店が多いですね。

 

なかなか使い勝手が良い決済アプリだと考えています。

 

PayPay(ペイペイ)は不正利用の補填もある

 

それとPayPayには、何となく安心感があります。

一時期、あるコンビニが同じような決済アプリをリリースしましたね。

 

あの時に、セキュリティーに関する問題点が、クローズアップされました。

 

あの話題をきっかけに、「セキュリティが不安なので、やはり決済アプリは使いたくない」という話もよく聞くようになりました。

 

確かにアプリを使う側からすると、不正利用されてしまう不安感もあるでしょう。

ただ幸いにも、PayPayには補償制度があるのです。

 

万が一、誰かが悪用した時でも、補填されるようになっています。

きちんと補償が完備されているだけでも、安心感は全く違いますね。

 

クレジットカードのように、セキュリティは充実しているアプリだと思っています。

 

PayPay(ペイペイ)のデメリット:タップ回数が多い

 

ここまで色々メリットを述べましたが、デメリットもあります。

決済用のバーコードを表示させるのに、1タップ必要なのです。

 

実際にPayPayアプリを立ち上げると分かりますが、画面下部に「支払う」という赤いボタンがあります。

 

そのボタンをタップしないと、肝心のバーコードが表示されないのは、少々不便ですね。

他社の場合、トップ画面にバーコードが表示されている事もあります。

 

わざわざタップしなくても、スムーズにバーコードを表示できるのですが、PayPayの場合は最低1タップしなければなりません。

 

しかもPayPayは、QRコード読み取りでお金を支払う時には、最低2タップする必要があります。

タップ数が少々多いのは、面倒ですね。

 



PayPay(ペイペイ)のデメリット:全ての銀行に対応していない

 

もう1つデメリットがあって、チャージできる銀行は若干限られています。

 

PayPayでお金を支払う方法も色々あって、電子マネーのようにチャージして、使う事も可能なのです。

 

あらかじめ銀行口座を登録しておき、指定の操作を実行すれば、チャージする事はできます。

ただ、「全て」の銀行に対応している訳ではないのです。

 

使える銀行が若干限られるのは、少々不便です。

であれば、クレジットカードでオートチャージする手段も一応あります。

 

しかしクレジット払いですと、万が一の不正利用が心配なので、ちょっと抵抗感がありますね。

 

私としては、銀行からチャージするようにしたいので、もう少し幅広い金融機関に対応している方が便利です。

 

PayPay(ペイペイ)は便利で利用しやすい決済アプリ

 

PayPayには、メリットもデメリットもあります。

ただ実際に使ってみると、決して悪くないアプリだと思いますね。

 

やはり多彩なお店の決済で利用できるのは、とても便利です。

今後も、私はこのアプリを使い続けると思います。