最新お役立ち情報や体験談が盛りだくさん

幼稚園入園のためのお受験|幼稚園面接の実態とは!?

幼稚園へ入園するためのお受験:不合格になる子供の特徴

 

私の地域では私立幼稚園しかなく、どこも面接と言いつつお受験みたいなものです。

 

年上の子供を持つママ友がいないので、子供の同級生のママ友情報と、インターネット情報だけが頼りでした。

 

インターネットの情報では、幼稚園が不合格になる子供の特徴が載っていて、我が親子にピッタリすぎて自信を無くしました。

 

不合格になる子供の特徴は、一言も喋らない子、じっと座っていられない子、イベント参加率が低い、プレ幼稚園に通っていない、との事です。

 

グズった子供に、お菓子をあげる親も不合格とありましたが、それは大丈夫と自信がありました。

 



幼稚園の見学&イベントへの参加

 

ママ友からは、人気ある幼稚園を教えてもらいました。

 

うちの息子は、言葉が激しく遅いタイプで、2歳後半でも会話は出来ません。

簡単な単語は発する程度です。

 

おまけに、動きっぱなしタイプです。

 

近隣の幼稚園は、公営バスでしか行けない所ばかりです。

 

息子は公営バスならどれでも乗れると思っているようで、違うバスに乗ろうとするのを引き留めると、ギャーっとされるので、イベントにも行けずでした。

 

でもそれでは入園面接で逃げ出すかも、と思い、ペーパードライバーの私は主人に有休を取って送迎してもらい、1回だけイベントに参加しました。

 

行動もメチャメチャなので、プレ幼稚園は最初から諦めました。

 

幼稚園面接の服装

 

そんな息子に、とうとう入園面接の日が来ました。

 

息子の面接服は、きちんと系の長袖シャツにしようとしていたのですが、面接当日はとても暑く、半袖でないと問題視されそうに思い、仕方なしに水色ポロシャツで行きました。

 

私も面接服にお金をかけたくなかったので、白シャツだけ買って、普段着のネイビーパンツで挑みました。

 

皆さん、どんな服なのだろうと思って行ったら、ラフすぎて驚きました。

 

子供は、ほとんどの子が普段着でした。

1人だけ名門幼稚園を受けるかのような、白シャツに黒パンツのお受験ファッションでした。

 

母親は少し小綺麗ファッションが多く、お受験ファッションの子の両親だけが、ネイビーのスーツで完璧お受験スタイルです。

 

1人だけ、完全普段着のチェックシャツのお母さんがいました。

自分達の服装は、まぁ合格だと思います。

 

幼稚園面接:先生と親子の個別面接

 

すぐに教室に通され、数組の親子がいました。

「集団面接?」と驚きと不安が来ました。

 

名前を言う練習をしている子もいて、何も会話できない息子が更に不安になりました。

 

そして面接が始まりました。

先生と親子だけの個別面接です。

 

先生はうさぎ、キリン、ゾウの絵を息子に見せながら「どれが好き?」と問うも息子は無言です。

 

更に先生は「うさぎさんピョンピョン、ぞうさんパオーン、キリンさん長ーい」と言っても、もちろん息子は無言のままでした。

 

見かねた主人が「うちの息子は言葉が遅くてまだ喋れないんです」と言いました。

 

私は息子の興味を引くように「キリンさん、キッキッキー」と言ったら、やっとキリンの絵を見た程度です。

 

いつもはキリンを見ると「キッキッキー」と言うのですが、外では絶対言わない気がしていました。

 

その後は先生と親の面談です。

気になる事を問われ、迷いましたが、主人が食事やトイレが不完全な事を言いました。

 

オムツは全く問題ないと言われ、食事はお弁当は工夫して欲しい、給食は注視しますとの事でした。

 

意外にあっさり受け入れられ、一安心です。

それより面接時、脱走せずじっとしていた息子に驚きました。

 

先生が言うには、じっと座っていたし、息子が教室内をジロジロ見ていて、興味津々なので大丈夫と仰いました。

 

時折、先生が「はなまる~」と言うのですが、合格という意味なのか分からず、リアクションに困りました。

 



幼稚園面接:複数の親子と集団面接

 

次は別室で、6組の親子が園長と主任との集団面接です。

やっぱり他の人がいる方が緊張します。

 

でも個性溢れる子供達がいて、先生が「立って下さい」と言っても「立たないよ」と言い切る子がいました。

 

お母さんに、抱っこに行く子もいます。

ここでは全員、志望動機を聞かれました。

 

主人は園の方針が礼儀重視である事を述べ、私はイベントに来た時に、息子が楽しそうだった事を言いました。

 

ここは比較的上手に言えたと思っています。

 

全員の志望動機発表が終わると、園長先生が「皆さんは4月からこの幼稚園に来ます」と言われ、やっと合格だと分かりました。

 

主任は主任先生と呼ぶそうで、「園長先生、主任先生」と言う練習をしましたが、主任先生って微妙だねと、帰宅後に主人と話しました。

 

一言も喋らず入園許可が出たのは、うちの息子だけかな、なんて思いますが、それは永遠の謎です。

 

逆に、落ちた子がいたのかも気になりました。

 

入園許可証をもらったあとは、お土産でお絵かき帳をもらい、解放されている園庭で遊びました。

 

すると見覚えのある親子が、と思ったら、近所のショッピングモールで、複数回会って話したことがある子でした。

 

その子はそこのプレ幼稚園に行っており、お母さんが言うには「ここは子供に対して先生の数が多いからいいよ」との事です。

 

知っている人がいたのと、良い話を聞けて、とても心強くなりました。