最新お役立ち情報や体験談が盛りだくさん

【幼稚園】激戦区域で第1志望の幼稚園への入園決定|幼稚園活動攻略法

幼稚園を決める幼稚園活動

 

現在、私の周りのママ達は、幼稚園の本入園の為の、入園説明会に参加する日々を送っています。

 

一方私は、子供が産まれた直後に、保育園の保活という言葉が流行していたので、

「もしや幼稚園も今は厳しいのでは?」

と思い、2歳になった年から、ゆっくりと幼稚園の情報を集め実際に動き始めていました。

 

この早めの行動が現在、本入園を決める年になっても、焦らなくてもいい環境をもたらしてくれています。

 

幼稚園活動、「どうせ幼稚園に行って話聞くだけだろう」と思いがちですが、そんなに簡単ではありませんでした。

 

私の経験した【幼活】の学んだこと、気持ちをお話していきます。

 



幼稚園を決める際は「国立」「市立」「私立」のどれが良いのか?

 

私の住んでる区域は、幼稚園激戦区です。

 

なぜ、幼稚園で激戦区なのか、そもそも、その理由すら知りませんでした。

知り合いの先輩ママにリサーチすると、市立の幼稚園が基本的に2年しかないとのこと。

 

今どきは、「皆3年幼稚園に通わせたがる」、したがって3年の私立幼稚園は競争倍率が上がるとのことでした。

 

近くには、国立幼稚園もあります。

 

国立幼稚園はお受験となり、なかなかの有名幼稚園だったので、遠方からも多数の受験者が集まるとのことでした。

 

受験対策で、有名塾を0歳から通わせての受験が主流という、私にはハードルが高く感じる国立幼稚園です。

 

市立幼稚園は、ちょうど私の子供の学年から、試験的に3年幼稚園を実施するとの事になりましたが、抽選で10名しか当たらないとの狭き門でした。

 

私立は近所に2件だけです。

しかし、徒歩圏内は1件のみ。

 

こちらの1件は、入園前に1年間プレ幼稚園に通ってからの入園の為、1歳の時にすでに、プレ幼稚園の抽選に挑まないといけないという状況です。

 

そして兄弟優先枠等ある為、より抽選に当たらない確率が高いんです。

 

もう1つの私立幼稚園は少し遠く、バス通園になります。

そしてちょうど私の子供の時から、認定こども園になる予定でした。

 

その為、幼稚園枠はわずか16名

こちらも狭き門でした。

 

私の子供の学年から、爆発的に子供の数が増えた市の為、3年通わせれる幼稚園の定員の4倍ほど子供の数が、上回ってしまうという状況でした。

 

3年の幼稚園に通えなければ、自動的に市立の幼稚園へ入園となります。

 

しかしながら、まわりが皆3年の幼稚園を本命とし、他の市町村まで足を延ばし通わせる。

そのような事実を知ったうえで、うちの子だけ2年・・・。

 

ただでさえ、働いてるお母さんの子供は、0歳から保育園で集団生活をし、色々なことを身につけています。

 

この現実に、多くのママ友達も焦りを感じていました。

周りが焦れば伝染してくるんです。

 

私もまさにそれでした。

色々話を聞けば聞くほど、不安になっていきました。

 

幼稚園を決めるポイント!1年早く入学説明会に参加

 

さらに、幼稚園バスの事故のニュースが当時多数あった為、バス通園には少し抵抗がありました。

 

しかしながら、幼稚園に関しては何も分からないので、とにかく通える範囲の幼稚園での説明会に参加しました。

 

国立幼稚園では、子供達に色々なアプローチをかけて、1人1人がどのような回答をするのか。

 

家での課題も多く、幼稚園へのお手伝いも2日に1回のペースなど、今まで知り得なかった情報が沢山ありました。

 

子供にとっては、とてもいい幼稚園で、親が必死で受験するのも納得でした。

市立幼稚園は、本当に子供らしくいられ、のびのびとした幼稚園だなとおもいました。

 

しかし、先生の人数が不足している、教室が少ない為、1クラスの人数が多いことも知りました。

 

安全面の配慮は、今後対策していくとの事でしたが、少し不安が残る結果となりました。

 

徒歩で通える私立幼稚園では、入園説明会の3か月後にプレ幼稚園の抽選があるとのことでした。

 

子供主体となり、保護者向けの行事は一切せず、日ごろの日常保育に参加するという、子供の人間の基礎部分の成長を、温かく見守ってくれる幼稚園でした。

 

私はこの幼稚園がいい!

この時に強く思いました。

 

しかし、全ては抽選で決まるので、入りたくても入れない事もあります。

その事実がつらかったです。

 

自分の事ならまだしも、子供の事となると、親は受けるダメージが大きいのです。

 

そして、もう1つの私立幼稚園はバス通園の為、説明会参加前から不安がありました。

しかし、実際に幼稚園を見てみると、子供たちは明るくのびのびしています。

 

先生たちも、いい雰囲気でした。

実際に見学しないと分からないな、と実感しましたね。

 



幼稚園を決めるとき

 

私は見学をして結果、徒歩で通える幼稚園に子供を通わせたいと思いました。

自分の子供にとって、一番合ってる幼稚園だったという事が最大の決め手でした。

 

そして、プレ幼稚園の抽選日。

ドキドキしながら抽選へ。

 

その結果、見事に抽選に当たり、プレ幼稚園へ参加することができました。

そしてこの春からは、第一希望だった幼稚園に入園が確定しました。

 

まとめ

 

幼稚園活動は、思ったよりもたいへんでした。

コツは、やはり周りより早くはじめることだと思います。

 

色々な幼稚園があるので妥協はせず、納得いく形で、幼稚園活動を終わらせることが一番だと私は思います。

 

このような経験ですが、ご参考になればと思います。