最新お役立ち情報や体験談が盛りだくさん

窓の掃除は難しい?いえいえ、お掃除グッズで簡単に掃除できます!

片付けが厄介なスポットのひとつとして、厨房や排水口に続き名前をよく聞くのが窓の掃除です。

 

屋外に面している窓の周辺は家屋の中の清掃とは違って、天候に左右されやすいというのも嫌われるきっかけとなります。

 

それにより中には年に一度の大片付けにしかやらないなんていう人も、ただし窓の片付けを怠ると、汚れが積もって個室が陰湿に感じてしまうだけでなく、実を言えば結露で現れたカビで健康を害する見込みもあります。

 

窓の掃除をするのに欠かせないもの

 

ひとくちに窓清掃といってもやり方はいろいろで、それだけにますます骨が折れるのを感じてしまいますね。

 

窓には多くの汚れが付着しており外側は砂や花粉、排気ガスなどによる汚れで黒ずみやすく内側はカビや油、ヤニ、水滴などで汚れています。

 

このしつこい汚れを影響的に落とし、窓清掃の最適グッズとして昔から有益されているものといえば新聞紙です。

 

新聞紙のインクが汚れになっている油脂を分解し、吸い取ってくれるというものです。

清掃のメソッドは手間なしで、くしゃっとゆるい団子状に新聞紙を丸め、水に湿らせて汚れをこすっていくだけ。

 

完成は乾燥した新聞紙を折りたたみ、水滴を拭きあげていこう。

雑巾や洗剤を下拵えする不可欠がないというのが大きな良いところです。

 

とはいっても使用する新聞紙は黒インクが使用されたものに限り、色味印刷ではあまり成果は期待できないです。

 

近頃では新聞を取っている家庭が減っていたり、他にも重宝な清掃商品が造作なくに手に入るようになったりという事情から新聞紙がマスト商品とは言えなくなった。

 



清掃用商品は手に入りやすい

 

清掃用商品の種類は増加しており、網戸用のクリーナーや窓片付け用のワイパーあたりは持っている人もいます。

 

そのような手に入りやすいグッズの中には、窓清掃以外にも幅広く機能面で優れたものを100円店舗DIYショップなどで安価に手に入れることが可能です。

 

マイクロファイバークロス吸水性と通気性に優れた、軽くふわりとした手触りがポイントの布。

この材質のタオルやマットを見かける事も多々あります。

 

その繊維で汚れを掻き出す事ができ、細かい埃や塵を拭き取るのが優れています。

水拭きでも乾拭きでも成果を発揮するのはかなり有益。

 

使用後は洗濯機で洗う事が可能なのだが、化繊のため熱に弱く、乾かす機や直射日光にあてるのは厳禁。

洗剤を使わず、水だけで汚れを落とせる事で高評価があります。

 

大きさも多種提供され、家庭用のハサミでも手っ取り早くに裁断可能な材質。

メラミン樹脂(プラスチック)を発泡させてスポンジ状にしたもので、ミクロン刻みのとても細かい網目組成になっています。

 

メラミン樹脂そのものはかなり硬いため、汚れを掻き落とす事が可能なガラス、ステンレス、陶器など硬度がある材質の片付けに向いているが強くこすると顔料が剥げたり、傷をつけたりするので注意しましょう。

 

窓の掃除はこまめにやっておきましょう!

 

片付けはちょっと湿度のある曇りの日中に行うと汚れが浮きやすく明るさもあって掃除しやすいです。

 

順番としては窓より先に網戸からどんだけ窓を透明感漂うにしても、網戸を残してしまうと汚れが移りやすいからです。

 

真っ先に網戸についた汚れを箒などで軽く払い落とします。

網戸の片側に新聞紙を張ってテープで留め、反対側から片付け機で吸い取る技術も有効です。

 

ここで窓枠レールの汚れも履きだしてしまいましょう。

その後は水を内蔵させたメラミンスポンジで軽くこすれば汚れが落ちていきます。

 

網目を傷つけたり、破ったりしないよう力加減には気を付けましょう。

 

くずがたまりやすい窓枠レールは相当の強敵。

 

砂や塵が入り込み、汚れがこびりつきやすいので、楽に片付けをするためには窓の水拭きで濡れてしまう前に作業を始る事が大切です。